農園事業Social Farm

ソーシャルファーム『LINK’S モデル(農園事業)』

企業様の新たなCSR活動にもつながる、障がい者の仕事、業務の場「ソーシャルファーム(農園事業)」の提供を行うモデルです。

こんなお悩みありませんか?

障がい者を受け入れたいけれど、
働いてもらう部門が無い。

新事業を考えたくても
そんな余裕も時間もない。

障がい者雇用率を上げたい
けれど、どうしたらいいんだろう?

採用をどうしたらいいのか、
経験が無くてわからない。

”ソーシャルファーム LINK’S モデル”でサポートいたします!

障がい者福祉事業所として就労支援を行ってきたLINK’Sだからこそ、できるお手伝いがあります。

”ソーシャルファーム LINK’S モデル”とは?

LINK'Sが契約している農園を使用し、貴社の新事業部として就労していただける環境をご用意いたします。
障がい者および指導員の採用支援から、農園の紹介、就労後の定期アドバイスまで、
企業がCSR活動を遂行するために必要なサポートを行っております。

障がい者雇用に関する
サポート
指導員の雇用に関する
サポート
農園の賃貸
障がい者の定着支援に
関するサポート
障がい者および指導員雇用の流れ(一例)

LINK'Sが提供する「ソーシャルファーム(農園事業)」だからできること

障がい者福祉事業所として就労支援を長年行ってきたLINK'Sには、障がい者と接して培った経験、知識があります。また、農園とのネットワークも厚く、安心してパートナーとして選んでいただける土台があります。
一人でも多くの障がい者が一般就労に就き、生涯に渡って安定した収入を得、生きがいを持って仕事に励めるように障がい者を応援したい!
それが、LINK'S の強い思いです。
企業と障がい者、関係者をつなぐ架け橋として、一緒に社会に貢献する役割を担っていきたいと考えています。

ソーシャルファームとは

社会的企業と訳され、ヨーロッパを中心に広がっています。
障がい者など一般企業での就職が難しいという人を雇用しほかの従業員と一緒に働くところで、いわば社会に貢献する役割を担う企業や団体のことです。
農場など業種は様々で、企業やNPO法人など運営主体も多様です。
この “ソーシャルファーム” の創設を進めていこうと2019 年 12 月には東京都の関係条例が公布されました。

まずはお気軽に
お問い合わせください。